中国の朝食(ツキ先生)

ツキ先生からの寄稿)

中国では「早饭要吃好,午饭要吃饱,晚饭要吃少」という諺があります。「朝食は栄養豊富に食べ、昼食は腹いっぱいに食べ、夕食は少し食べる」という意味です。

中国の朝食の種類がたくさんあります。

普通の場合、私は家でうどんや、パンとミルクでも食べることが多いです。

時には会社の食堂で朝食を食べます。

食堂では饅頭(包子)とか、焼きそば(炒面)とか、粥と前菜(小菜)とか、豆乳(豆浆)と揚げパン(油条)とか、色々な餅があります。

町には朝食を売る料理店もたくさんあります。

 

そのほか、LAWSONなどのコンビニエンスストア(便利店)とMcDonald、KFCなどファストフード店の朝食も若者の中で人気が高いです。

そして地方によっては飲食習慣も違います。

たとえば、上海では「生煎包」(焼き饅頭)を朝食として食べる人がいます。重慶では「麻辣小面」(辛いうどん)が特色フォード、朝食としても人気があります。雲南省、貴州省、湖南省ではビーフンを食べることが多いです。そのような、特色を持った朝食がある地方がたくさんあります。

皆様、チャンスがあれば、中国へ来て自ら食べてみてください。色々な朝食が待っています。