二回目のアモイ旅行(記:リナ先生)

初めての社員旅行はアモイへ行きました。それは今から4年前のことです。アモイはとても魅力がある所だと思っていたので、2016年に改めて個人旅行で行きました。アモイは私が唯一、二回行った観光地です。

アモイの鼓浪屿(gulangyu)は最近世界遺産になりました。一番面白い所も鼓浪屿だと思います。鼓浪屿へ行くには、船が必要です。なぜかというと、海の中の島だからです。

海の真ん中の島が鼓浪屿です。


アモイの陸地から鼓浪屿まで行く港です。


鼓浪屿の海の近く


鼓浪屿の海と船


鼓浪屿はたくさんの店が並んでいます



夜、鼓浪屿のバーでみんなでお酒を飲みながら話しました。


アモイの食べ物はおいしいけど、なんだか食べた後すぐおなかが減った気持ちになりました。



こんな大きいから揚げもあります。

アモイの果物の释迦果(shijiaguo)は初めて食べました。とてもおいしいです。

マンゴーはこのような木で成長するなんて初めてわかりました。


マンゴーは北方より甘くて、おいしいです。



ここはアモイ大学です。中国できれいな大学の一つです。大学は海とお寺に繋がっています。



ここの神様はとてもご利益があります。大学の時、友達は日本語N1に合格することを祈って、本当に合格しました(笑)。



アモイ大学ではがきを買って、近くのバーで友達にはがきを書いて投函しました。

モルディブのわくわくさせる旅行(リナ先生)

今年の四月にモルディブへ旅行に行きました。本当に綺麗な所で、これからずっとここで生活したいという気持ちになりました。🎶モルディブは観光地で、現地の人は英語で話します。
初日はマレで過ごしました。空港は別の島にあります。空港からマレへ行くにはキャッチャボートを乗ります。マレに着いてからタクシーでホテルへ行きました。マレはモルディブの首都で、とても小さいです。街が狭いので、自動車は少ないです。人の交通手段はほとんどバイクと歩くことです。

モルディブで旅行できる島は100何個あって、私はMedhufushi島へ行きました。空港から遠いので、水上飛行機を乗って行きました。初めて水上飛行機を乗るので、旅行前から期待していました。

水上空港です。

Medhufushi島のホテルは2日間はビーチ部屋、2日間はウォーター部屋です。

ここはビーチ部屋です。

ブランコに座って海が見えます。


庭のシャワー


小鮫も見ました。


朝起きてから、作業員がくれたココナツジュースを飲みながら、海を見てぼんやりしました。


本当に綺麗な所で、リラックスして過ごしました。


ここはウォーター部屋です。部屋が水上に建築されているなんて、不思議ですね~
夜寝る時、海の水音を聞きながら寝るのはロマンティックですね~

つまらないとき、バーに行って、お酒を飲んだり、ビリヤードをすることもできます。
そして、離れた所で釣りやシュノーケリングもできます。

日焼けを防ぐために、サンオイルとサングラス、帽子などは欠かせません。
熱いとき、プールで水泳するのも悪くない選択です。

島は毎日の利用客数が決まっているので、
人が少ないです。毎日忙しい仕事の
ストレス解消には良い所です。

毎日の食事の種類はたくさんがあり、食べ放題です。キャンドルディナーや、島の観光客たちとのBBQも準備できます。

果物は新鮮で、デザートもかわいいです。


朝早めに起きて、日の出を待ちました。夕方の日没も綺麗でした。
モルディブは一番お勧めです。

香港への日帰り旅行(キンバイ先生)

香港への日帰り旅行(記:キンバイ先生)

4月13日、仲のいい友達と一緒に香港へ行きました。
中国人として、香港へ行くのは初めてです。多分皆さんはちょっと不思議に思われますと思います。実は中国は広いから、行き場所はたくさんあるので、どこでも行ったことあるひとはきっと一部分しかいません。

時間を十分利用するため、香港へ行く前、ちゃんと詳しい計画を作りました。
1、まずは香港中文大学へいきました。以前からずっと行きたかった学校だったのですが、今日はやっと見ることができました。写真を取るのが好きな私は今日も香港中文大学の駅で写真を一枚撮りました。


場所:香港中文大学の駅の前

2、元々は日本人の友達と一緒ご飯を食べるつもりだったのですが、あいにくその友達は重慶市へ旅行してしまいました。仕方がありません、また今度約束します。下記はその大学の詳しい写真です。この日はとても晴れていたので、いい写真をいっぱい撮りました。


場所:学校の運動場


場所:学校の教室


場所:立派な芸術ビル

3、香港中文大学は本当に広いですね、友達と一時間半も見て回ったのに、学校のたった6分の1しか見学できませんでした。もうすぐ昼ご飯の時間ですから、大学の見学はここで終わりまして、国際的な雰囲気を後にしました。

4、次は香港での食事です。香港の飲食は広州のように茶文化が盛んです。朝の場合は「早茶を行く」と言います。歴史的な背景があるので、香港の「旺角」ではどこでも外国人の姿を見ることができます。そして、欧米風のレストランも沢山並んでいます。最後に、私は友達と一緒に広東料理の「fish ball noodle」と「魚の皮の揚げ物」を食べました。


料理:「fish ball noodle」


料理:魚の皮の揚げ物」

5、香港へ行ったら、皆が是非やらなければならないことはショッピングです。化粧品と贅沢品は一番に買うべきものです、なぜなら香港の値段は大陸より安いですから。自分用と友達の分として、3000元の化粧品を買いました。その日は本当に贅沢な一日だったと思います。


場所:ショッピンセンター

皆さんは旅行が好きですか。世界は広いから、よく旅行しないと将来後悔するかもしれないですよ。綺麗な風景を見るでも気分転換をするでもいいですが、違う所へ行ったらきっと何かいいものを得られるはずです。