香港への日帰り旅行(キンバイ先生)

香港への日帰り旅行(記:キンバイ先生)

4月13日、仲のいい友達と一緒に香港へ行きました。
中国人として、香港へ行くのは初めてです。多分皆さんはちょっと不思議に思われますと思います。実は中国は広いから、行き場所はたくさんあるので、どこでも行ったことあるひとはきっと一部分しかいません。

時間を十分利用するため、香港へ行く前、ちゃんと詳しい計画を作りました。
1、まずは香港中文大学へいきました。以前からずっと行きたかった学校だったのですが、今日はやっと見ることができました。写真を取るのが好きな私は今日も香港中文大学の駅で写真を一枚撮りました。


場所:香港中文大学の駅の前

2、元々は日本人の友達と一緒ご飯を食べるつもりだったのですが、あいにくその友達は重慶市へ旅行してしまいました。仕方がありません、また今度約束します。下記はその大学の詳しい写真です。この日はとても晴れていたので、いい写真をいっぱい撮りました。


場所:学校の運動場


場所:学校の教室


場所:立派な芸術ビル

3、香港中文大学は本当に広いですね、友達と一時間半も見て回ったのに、学校のたった6分の1しか見学できませんでした。もうすぐ昼ご飯の時間ですから、大学の見学はここで終わりまして、国際的な雰囲気を後にしました。

4、次は香港での食事です。香港の飲食は広州のように茶文化が盛んです。朝の場合は「早茶を行く」と言います。歴史的な背景があるので、香港の「旺角」ではどこでも外国人の姿を見ることができます。そして、欧米風のレストランも沢山並んでいます。最後に、私は友達と一緒に広東料理の「fish ball noodle」と「魚の皮の揚げ物」を食べました。


料理:「fish ball noodle」


料理:魚の皮の揚げ物」

5、香港へ行ったら、皆が是非やらなければならないことはショッピングです。化粧品と贅沢品は一番に買うべきものです、なぜなら香港の値段は大陸より安いですから。自分用と友達の分として、3000元の化粧品を買いました。その日は本当に贅沢な一日だったと思います。


場所:ショッピンセンター

皆さんは旅行が好きですか。世界は広いから、よく旅行しないと将来後悔するかもしれないですよ。綺麗な風景を見るでも気分転換をするでもいいですが、違う所へ行ったらきっと何かいいものを得られるはずです。