童話の世界――九寨溝(ツキ先生)

ツキ先生が九寨溝に行った時のお話を提供されました。)

小さい頃、本で九寨溝と言うところを聞きました。大学時代、夏休みを利用して、九寨溝に行きました。

成都に着いてから、バスで11時間もかかって、ようやく九寨溝に着きました。

空が青くて、白い雲が漂って、山紫水明、空気が甘く感じました。

一番美しいのは水でした。青いと緑の色が融合、湖水の色は本当に幻でした。夢のような不思議な色でした。まるで童話の世界でした。

枯れ木は眠り美人のみたいに湖底に沈んで、寝ているようでした。

五彩池は色とりどり、九寨溝の粋となり、最も派手な湖です。

诺日朗瀑布–中国一番幅広い滝です。

白い滝が山間部から飛び出し,勢いが雄大でした。唐朝詩人李白の詩句「疑是银河落九天」にその景色がよく描かれていました。

九寨溝では、季節のよって、景色が違う美しさがあると言われます。チャンスがあれば、ぜひ春、秋、冬の九寨溝を見て行きます。

皆様、時間があれば、九寨溝へ行ってみてください。